結婚式成功大作戦|結婚指輪やドレスなどを準備せよ

リング

指輪に思いを込めるなら

冠婚葬祭

それぞれの思いをカタチに

最近は結婚式にオリジナル性を求めるカップルが増え、それと共に結婚指輪にもバラエティーに富んだものが増えてきました。人と違ったものが欲しい、出逢った喜びをカタチに残したい、記念だから自分たちらしいものを選びたい…そういったカップルの間で、じわじわと人気が出てきているのがハワイアンジュエリーです。一般的にハワイアンジュエリーは、ハワイ王国の女王・リリウオカラニが、さる英国王子の死を悼んで作らせたバングルが始まりだとされています。この説からも分かるように、ハワイアンジュエリーには単なる装身具という意味合いだけではなく、思いを込めて作られる記念碑的なもの・お守り的なもの、といった要素があります。結婚指輪に意味を求めるカップルの間で、ハワイアンジュエリーはこれからもますます人気が高まるのではないでしょうか。

どんな特徴があるのか

ハワイアンジュエリーのデザインには、独特の特徴があります。その最大の特徴は、彫刻や彫金による模様の表現です。波・マイレの葉・プルメリアの花・海亀・フィッシュフックなど、そのモチーフはすべて、雄大なハワイの自然からインスピレーションを得て生み出されました。それぞれのモチーフには深い意味があり、言葉で語らずとも思いを込めることが出来ます。また、具体的な文字を刻むこともあり、この二つのコンビネーションで作られたものも一般的です。伝統的には14金という、純度的にはさほど高くない金で作られることが多いのですが、最近のハワイアンジュエリー人気に合わせ、プラチナや18金といった貴金属で結婚指輪を作っているブランドも出てきています。ハワイアンジュエリーは全面にびっしりと模様が彫り込まれていることが多く、そこが最大の魅力なのですが、そのせいでサイズ直しが難しいという注意点もあります。もし結婚指輪をオーダーするなら、この点を考慮して購入すべきでしょう。